Top1
jpa
item1
浄土山の西南に広がる立山カルデラ。左手前は鳶山。その山頂部の広大な平地が五色ヶ原。さらにその奥は薬師岳。
j140519211
item6
item8


谷底に二つの池が見えます。


右は苅込池。
左は新湯。
新湯は色と湯気から想像できるとおり温泉です。
立山カルデラ砂防博物館の資料によれば、
安政五年(1858)の地震以降、普通の池が突如温泉に変わったのだとか。
池の直径は30m。
湯の温度は台所のお鍋レベルとの事。


 


弥陀ヶ原方向。
右端の饅頭を半分に切ったような山は国見岳。
弥陀ヶ原も五色ヶ原も、流れ出た溶岩で出来た溶岩台地。
ココにも崩壊の跡が雪上に幾筋も残る。
立山駅近くにある
立山カルデラ砂防博物館では、カルデラ内の砂防工事見学会を行っています。


まるで山を切り崩したような姿の鳶山。
斜面には、深い崩壊の跡が見てとれる。
中央の紅い屋根の建物は、五色ヶ原山荘。
浄土山からは約3時間30分のコースタイム

Tinks Website Batch2 Retina  
4
1
2
3
5
m28
m29
m44
m45
m47
m48
m49
m50
m46
4 m28 m29 m44 m45 m47 m48 m49 m50 m46