Top1
m10
hi120716014015
HP150713161211
hi332001
hi150713171050

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五色ヶ原への登山道から見た雄山。
中腹を緩やかに横切る白いラインが一の越〜東一の越間の登山道。

 


登山道には7月中旬でも5,6ヵ所の雪渓が残ります。
幅100m程から10m、傾斜が緩やかで手慣れた登山者なら問題なく渡ってしまう所から、ピッケルやアイゼンを用意していても危険な場所があります。
7月中旬に雪を切り道を作りますので、この時期に歩こうと計画されている方は山荘に問い合わせをしてください。


登山道途中から一の越山荘方向。

 


クルマユリやハクサンフウロ目立つ道沿いの斜面。
日当たりがよく、立山の稜線が北からの風を遮るため様々な高山植物が咲いています。


植物が元気なのは結構な事ですが、元気すぎてハイマツや背が高めの植物が登山道に進入しています
明らかに邪魔なものは枝を払うなどしていますが、やはり可哀想なので出来れば切らない様にと思っています。
そのため登山者の皆様には、窮屈な思いをさせてしまってます。
 

Tinks Website Batch2 Retina  
1
2
3
m28
m29
m44
m45
m47
m48
m49
m50
m46
2 m28 m29 m44 m45 m47 m48 m49 m50 m46