Top1
item2
item3
item4
item5
item6
item8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tinks Website Batch2 Retina  
4
1
2
3



9月になると雪渓は消えます。


登山道後半は、つづら折りになります。


上の写真の坂を登ったところにあるお堂。
「祓い堂」と言います。


「祓い堂」から登って来た道を振り返る。
江戸時代、立山一帯には「立山信仰」と言う文化が栄え、麓の村人達によって全国各地に布教活動が行われました。
剱岳を針の山と見立てた事は映画によってよく知られる事となりましたが、他にも様々な場所に意味合いを持たせ、「仲後」と呼ばれる現代の登山ガイドやナチュラリストが人たちが、参拝者を案内しています。
その時代、この登山道は「懺悔坂」と呼ばれていました。
確かに、首を垂れ喘ぎながら登る姿は懺悔をしているように見えます。


「祓い堂」を越える長い上り坂が始まります。
辛い噺ですが仕方がありません。
がんばってください


その長い坂の途中から。
の広場が「祓い堂」。

m28
m29
m44
m45
m47
m48
m49
m50
m46
3 m28 m29 m44 m45 m47 m48 m49 m50 m46