Top1
m10
R120522016
Rr060509086
R040602061
R1
Rr060509112

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真等でよく知られている雷鳥の雄の基本形。
アルペンルートが開く4月下旬頃には、冬毛の白から黒へ羽毛が抜け替わり始めている。
 

首を伸ばすお得意のポーズで辺りを見回し中。
雷鳥を見れば写真に撮りたくなりますが、スマホ程度のカメラで大きく写そうと追い回してはいけません。
雷鳥は、ある程度の距離は人が近づいても逃げませんが、接近しすぎると警戒鳴き声を上げ早足で距離を取ったり、あっさりと飛び去って勝負を付けます
最近は高倍率ズームのカメラが容易に手に入ります。
こういうモノを使って、過度なストレスを与えルことの無い距離から撮影しましょう。
 

広大な室堂、雄山一帯も4月、5月はほとんどが深い雪に覆われています
そんな中で、一の越から浄土山に掛けての稜線は、地形と風の兼ね合いで地面とハイマツが広く露出しているため、雷鳥たちが集まる社交場兼お見合い場となっています

雷鳥の特長の一つは足を覆う羽毛。
骨張った鳥類の足と言うより、四足の動物の様に太く頑丈そう。
何となく顔も犬っぽく見えませんか?。

身体のほとんどが冬毛に覆われた雷鳥の雌。

夏毛に切り替わった雷鳥の雌。
迷彩柄の効果は如何に?。

Tinks Website Batch2 Retina  
m28
m29
m44
m45
m47
m48
m49
m50
1
2

立山でぜひ逢いたい存在といえば雷鳥でしょう。
一の越周辺では、4月5月でも雪が積もらず緑が豊富な浄土山稜線にパートナーを求めて雷鳥たちが現れます。
あまり人を恐れず観察しやすい動物ですが、一方で雷鳥は絶滅危惧種に指定されるほど保護が必要な生き物です。
過剰な接近でストレスを与える事の無いよう自制をお願いします。

m46
m28 m29 m44 m45 m47 m48 m49 m50 1 m46