Top1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

m22
m23
m24
m25
m26
m28
m29
m30
m31
m32
m33
m34

このページでは、最近の立山周辺の出来事をご紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 




 

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

item2
item4
item5


02/21

毎年6月に名古屋で行われる山岳イベントで、鹿島槍は冷池山荘の柏原さんから聞いたお噺。
2011年、地元大町市の鷹狩山の展望台から、後立山越しに雄山の山頂がチョロッと見える事に気が付いたとの事。
長野側で雄山が見える最も近い場所は、スキー場や電波塔が確認できる「聖山」と思っていたが・・。
確認できればコチラが最短距離だ。
ならば是非、
「見たい・・。」
しかし、大町はアルプスの向こう側。
行っても天候が良くなかったり、積雪で上がれなかったりとチャンスが無い。
しかしこの日、大町温泉の旅館で目覚めると快晴。ライブカメラで確認すると立山も快晴だ。
「イケる!!。」
少雪で、山岳博物館から先の自動車道に雪も無くラクラク鷹狩山展望台へ。

「見えた!!。」
そして、
「ちっちゃ!!」
コリャ、
今まで知られていなかったのも当然だ。
小さくても山はハッキリ確認できるが、山頂の社は
350mmの望遠では写らない。
目標は距離にして30
先。社は横×高さそれぞれ2m程か。
難しい。
博物館に勤める友達が、
400mm×APS-C×2倍のテレコンで組んだシステムで月の写真を撮っているが、「アレがあればなぁー」と思う。
ともあれ、これで大町側のミッションはクリア。
次は、雄山からの鷹狩山展望台のハンティングだ。

今回思った事は、見慣れた光景の中に思いもよらぬ発見が出来るかもと言う事である。
改めて、周りの広大な風景を丹念に観察しようと思う次第である。

 


02/04

富山市内では一番の展望を誇る呉羽山。
眺望が良い日は、とりあえずココに行けば立山の景色はバッチリ。
富山市の夜景も映えるでしょ?。


 


01/26

新潟県十日町 星峠の棚田。
彼方に見える越後駒が美しい。
奥さんと息子ちゃんに、盛んに指示を送って写真を撮るお父さんが・・。
後に、インスタでの素晴らしい富山の風景が大人気「イナガキヤスト」氏と知る。
十日町と言えば北陸でも超が付く豪雪地帯。近くの博物館では過去には5mを超えた豪雪ぶりが解説されていたが、いまやこの少雪である。


 

item12
item6


03/25

早月川の河口付近、魚津水族館近くの早月橋から見た剱岳。
左側の鋭鋒は小窓の王。



 

item15
item16
item17
item18
item19


魚津市近く、滑川市に在るホタルイカ博物館内のパノラマレストラン 光彩で食べられる
「蛍烏賊づくし膳」。
「ホタルイカの酢味噌和え」「ホタルイカの天ぷら」「ホタルイカの刺身」「ホタルイカの沖漬け」と盛りだくさん。
以前は、漁のシーズンとアルペンルートの営業期間が微妙にズレて同時期には楽しめなかったが、最近は調理方法が進化したのか一年中メニューに載っている。
もちろん博物館自体もホタルイカの生態解説、実際に発光させる実験、富山湾クルーズなど魅力満載。
まずはホームページを閲覧して下さい。


05/07

除雪など山生活の準備が落ち着いたので浄土山へ。
さっそく今年最初の第一村人発見。
すっかりチェッカー模様化している。


4/30

さっそくヘリコプターで食料等がご到着。
これで、世界がジョージ・A・ロメオ化してもしばらくはダイジョーブである。

 


04/29

ようやくこのホームページの本題に突入。
予定していた20日の上山が、いきなりのコロナストップ。
今後、先の見えない営業自粛が続くと分かっているものの、山小屋と楽しい山生活が待つ立山に登って行く。

 


05/08

ギリシャ神話の「ゼウス」や「ポセイドン」風のタップリとした髭を蓄えた雷鳥。
帽子もおしゃれ。

item25
item33
item13


03/25

同じ場所から雄山。
大日から左に短く伸びる稜線に隠れ、一の越は絶妙に見えない。


05/08

太陽が熱い!!。
この景色で暑い!!。


 

item34
item37
item38
item39


05/22

龍王岳周辺を飛ぶトビ。
悠々と滑空してはいるが、空気密度が低くく、さらに地面が雪に覆われて上昇気流が生じにくいこの場所では、フライトエンベロープが狭いらしく、水平方向はスムーズでも縦方向にはクルクル旋回するばかりでなかなか上昇できないようだ。
バタバタと羽ばたいてでも飛ぶカラスや、稜線に吹き上がる風で凧の様に静止するチョウゲンボウに比べると、滑空の美学にこだわるトビは不器用そうに見える。


05/12

まだ1階部分は雪に埋もれたまんまだが、コレでも要所々はくり抜いて生活に支障は無い。
今日まで数人の身内以外、一人の登山者も見る事は無い。


05/09

アルペンルート沿いに咲くフキノトウ。
雪が融けた場所から次々と現れる。
雪が消えたばかりの場所には食べ頃のフキノトウが大量に生まれているのだが、国立公園内では採取禁止である。
 


05/08

富山県警のアグスタウエストランド AW139
モーターサイクルの歴史に詳しい人、大藪春彦の「汚れた英雄」を読んだ人ならご存じ。
1950年代から70年代、世界GPに参戦した日本のバイクメーカーと最期まで競い合ったヨーロッパ代表 イタリアの「MV AGUSTA」
その母体となった航空機メーカーの機体です。
今の機体は3代目で、2代目は1996年の配備で同じくアグスタ
当時、「あのアグスタが来る!!」
(実際は全く縁が切れてるけど)とチョット興奮してしまいました。

 

item3


02/21

天気良好。時間もタップリ。
前述の聖山に向かう。

登り口のパノラマホテルより、かんじきを着けるほどでも無い積雪の中を登ること1時間。
山頂に到着。
お昼近いがガスが掛かる事も無く視界良好。
雄山から富士の折立までがよく見えます。

 

item8


02/21

後立山の好展望ポイント、芦の尻の道祖神。
ここからは燕岳から南側への山々が見渡せた。
到着したのは15:00時頃だが、既に逆光。
山肌は黒く沈みディテールがハッキリせず、稜線は雪面が鈍く光り、こちらもハッキリとは見えない。
東向きと西向き。
日が沈むまでクッキリとした山の風景が見られる富山に比べると、1日の撮影に適した時間はは短いと感じた。
聖山の南に回り込んだ聖高原には、F-104J スターファイターやF-86D セイバードッグなどが展示された博物館があります。
航空機マニアはぜひ行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

Tinks Website Batch Ritena

6
4
3
2
7
1
8
9
11
12
10
13
m22 m23 m24 m25 m26 m28 m29 m30 m31 m32 m33 m34 5 6 4 3 2 7 8 9 11 12 10 13