Top1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

item35
item36
item37
item38
item39
item40
item41
item42
item43
item44
item45
item46

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 




 

 

 

 


 

 

 

 

 

item10
item11
item12
item13


07/16

山荘下の雄山谷に咲くクロユリ。
今や古典の「立山の花」では「クロユリ」
昨年出た「花のアルペンルート立山」では、
「ミヤマクロユリ」と記載されている。
二〇輪程咲いているのを見てウチに戻ったら、同じ場所に出かけていたスタッフが、一〇〇輪程は咲いていたと言う。
少しズレた場所には沢山咲いていたようだ。
ちょっと見、黒くてツヤツヤして形も大きさも「アレ」位の大きさなので、大量発生していると気味悪くゾクゾクしてしまう。
昔の人も禍々しく感じたのか、秀吉と対立した「佐々佐成政 愛妾殺傷事件」や「ねねVS茶々」など真偽不明の噺や、泉鏡花の「黒百合」で重要なダークアイテムとなっている。

その昔、まだ見た事の無かったクロユリを五色ヶ原まで見に行ったところ、「立山の花センセイの土肥行雄」さんとバッタリ。
師曰く、
「クロユリならおまえの足下に咲いておるわ」と呆れられまして、
「アー、コレが所謂、脚下照顧かな?」と
拡大解釈して納得。
坊さんのお教えは、実体験とのシンクロが大事と学ぶ。



 


07/16

ショウジョウバカマ。
くすんだ赤が大多数だが、これはパープルバージョン。
高貴な感じ。


 


07/16

コイワカガミと後方にイワカガミ。
似ているようだが、実際は全然違うので判別は簡単。
ただ、イワカガミは育つ標高などによって微妙に姿も名前も違うのだとか。

 


07/16

ミヤマリンドウ
いつもの群生地とは違う場所に四つだけ咲いていた。
時期も半月以上早い。




 


07/16

ハクサンチドリ。
大多数が白や黄色の花の中でこの色は目立つ。
二匹の蟻がかぶり着いているのも、それ故なのか?。(な訳きゃ無いな)


 


07/16

全く期待していなかった不意打ち的な青空。
ならば「楽しまずんばコレいかん」
浄土山へ出かける。

item24
item25


07/16

一の越の稜線を境にして東側の雄山谷は巨大カール地形。
日当たりが良いので、高山植物の咲き始めも早く数も多い。
その差は室堂平と比べると歴然。
写真の龍王岳など氷河が削って出来た地形も多く迫力満点。
吹き上げる風に乗って聞こえる、黒部湖に落ちて行く雪解け水の効果音までアリと、室堂側に比べると圧倒的に行く人は少ないが、まるで違う世界観を感じられる場所です。

item28
item29
item30
item31
item32

このページでは、最近の立山周辺の出来事をご紹介しています。


07/17

朝の室堂平。
初夏と言うより晩秋の風景である。
もちろんこれから緑濃くなって行くが、前述の通り浄土山や雄山谷との差は大きい。


07/17

ベニバナイチヤクソウ。


07/17

弥陀ヶ原に下りて散策。
クモマニガナ。
殆ど見分けがつかない
タカマニガナ。
と言う花が近所に咲いていて判別に困る。
個人的にはどうでもよいけど・・。
 


07/17

「天気晴朗なれど雲妖し」
厳しい梅雨の晴れ間だけに空の具合はややこしそうだ。


例えば、冷えてパサパサのビックマック。
例えば、30分を遥かに超えたピザ。
例えば、ドライアイスが消えてトロけちゃったアイス等々。
世間ではちと不評を買う食べ物も、山では届きさえすれば都会のフレグランス漂うご馳走である。
アイスはタイムリミットがあるのでスリリングで運びがいのあるブツだが、むしろ買うのが大変。
店におっさんが買いに行く事に躊躇するし、
20個余りのアイスをグイグイと力を入れて丸くスクって貰うのも申し訳なし。
女性の店員さんオンリーの様だけど、力仕事だし若い女性客さんが多いだろうから、イケメンの柔道部員とかレスリング部員とか相撲部員とか武田真治がスタッフだったら良くないですかネなどと、待ち時間に余計なお世話を想像してしまう。

 

無事、アイスは運ばれた。
今後の課題は、ニトログリセリンと同じくらい危険なショートケーキ。
良い運搬方法が発見できればノーベルになれる?。

item57
item20
item21


07/16

濃い緑と濃い蒼。
長梅雨の中、一時だけ夏っぽい。


07/17

ススタケ愛が再燃し、
土砂降りの中、スタッフとハンティング。
〇〇の味を覚えてしまったクマのように、際限なく藪を漁る。(アイスを待たせているのに)
山菜採り中は人格が変わるのを実感。
前回に比べると1m以上にも伸びたススタケが無数に育っている。
何日か前に来れば、さぞや食べ頃だったろうにと悔やむ事仕切り。

item34


07/18

帰り道で、地面から現れたばかりの花を発見。
泊まりに来た二人の賢者と名前当てクイズをするが難しい。
右上の開いた葉から「イワイチョウ」じゃないかと推測したが如何に?。


 

item60
IMG5091

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

Tinks Website Batch Ritena

6
4
3
2
7
1
8
9
11
12
10
13
item35 item36 item37 item38 item39 item40 item41 item42 item43 item44 item45 item46 5 6 3 2 7 1 8 9 11 12 10 13