Top1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

item27

 

 

 

m24
m25
m28
m29
m30
m31
m32
m33
m34
m35
m36

このページでは、最近の立山周辺の出来事をご紹介しています。

 


18/04/22

雄山山頂を目指すスキーチーム。
立山は昔から春と初冬のスキーで賑わいます最近はスキーやボード以外の色々な装備がスゴくて、一人40万円以上身に着けているんじゃないかと要らぬ詮索をしてしまう。
熟練者も初心者も、同じ格好の満艦飾でレベルを見極めてのアドバイスに困ってます。
一方、凍った斜面をスノーシューで登ろうとして滑落するボーダー。
歩きのトレースを一列縦隊で塞ぐ「通せんぼ山スキー隊」など、「道具の使い方間違ってるぅ〜。」な登山者も目立ってます

 


18/04/30

「環水平アークだぁー!!」

 


こちら、安定したテクニックに長身。
なんだけどビジュアル最悪、オッさんボーダー。

 


こなた、華麗なテクニックと長身。
華あるオーラで白銀を蹴散す姿が美しい、
「本物のダイナマイトガール」
 Miho la Bomba !!
 

 


18/05/08

浄土山から見る雄山。
うっすら見える黄砂の跡に妙を感じる

 


18/05/08

「上には上がある」
標高3,000mの北アルプス。
その遥か上を往く大韓航空のエアバスA380
 

 


18/05/08

何か見えるのか?。
凝視状態の雷鳥。

 


18/05/10

上記の写真時からは一転しての爆風。
出来たシュカブラを撮ろうとカメラを構えるも、身体が揺さぶられてもう大変。

 

 


18/05/11

再び一転。
穏やかな快晴に。
ギラッギラの新雪が眩しい。

 


18/05/24

アルペンルート沿いの大観台から見た称名滝上部。
大雨と雪解け水を得て豪快に流れ落ちてます。

 


18/06/16

美女平周辺で咲き誇るコバイケイソウ。
今年はコバイケイソウの当たり年かも。

 


18/05/30

立山、富山平野、富山湾のサンセットを見事納めた自画自賛の一枚。
田んぼに水が張られるゴールデンウィーク以降。
雪解けがあまり進んでいない。
春霞や黄砂に埃などで空気が濁っていない。
等々、幾つもの条件を満たして撮れた写真です。

 

 



18/06/18

完成形に近づくコバイケイソウ。

 



 

 


 

 

 

 

 

 


 

item3
item5
item6
item7
item8
item9
item11
item12
item13
item14
item15
item16
item17
item18
item19
item20
item21


 


18/07/16

問題。
これは何のつぼみでしょう?。


18/07/16

正解。
クルマユリです。
左下に見えるのが咲く直前のつぼみです。
東一の越への登山道沿いに無数に咲き誇っています。


18/07/16

一の越から雄山への登山道では、ネパールから来た三人の職人によって登山道整備が行われています。
以前から長野で登山道整備の支援を行ってきた山岳保険会社「やまきふ共済会」さんからの
援助金を得て、今の日本人には技術的体力的に厳しい整備を、ヒマラヤ仕込みのテクニックでプロフェッショナルに仕上げています。


18/07/14

夏の夕日で影芝居


18/07/02

「飛んで雪の上にいる夏のセミ」

item33
Tinks Website Batch3 Retina  

 

 

 

 

 

1
2
3
4
5
item27 m24 m25 m28 m29 m30 m31 m32 m33 m34 m35 m36 d4088fd223a19eebdaff0fa0121dedca 2 3 4 5